東急ハンズ東京店

店舗のイチオシ

【東京店】担当スタッフがシャープペンの書き心地を試してみた!

【東京店】担当スタッフがシャープペンの書き心地を試してみた!

文具担当スタッフが人気のシャープペンを実際に試してみました!

シャープ_700.jpg

ご紹介するのはこの3本!

芯は全てHBの0.5を使用して試していきます。

グリップ感/書き味の滑らかさ/長時間の使用感のおすすめ度を★で表してみました。


ー 1.ぺんてる スマッシュ

スマッシュ_650.jpg

ハンズオリジナル ぺんてる 限定スマッシュ ホワイト軸 パステルブルー シャープペンシル 1,210円(税込)
>>商品・在庫はこちら<<

ぺんてるのベストセラーシャープペンシル「スマッシュ」、握り心地と書き心地を追求したシャープペンシル

全長14cm/重さ13g/軸の太さ0.9cm(スタッフによる計測)

グリップ感★★★★★/書き味の滑らかさ★★★☆☆/長時間の使用感★★★★★

― このペンのおすすめPoint!

✅ラバーリブで滑りにくい

✅口金がない

✅製図用を基にしているので、細かな筆記ができる

持ってみるとまず気づくのは、やはり持ちやすいこと。

軸が細くてホールドしやすく、逆ワッフル模様になったラバーリブて滑りにくいです。

長文を書くとき、勉強するときに良さそうです!

IMG_2630-1.jpg

また、口金(ペン先端部にねじ込み式でついているコーンのようなパーツ)がないので、

長文を書いていてもストレスになることがないのもいいですね。

(段差が気になったり、長く使っていると緩んできたりします。)

ペン先のパイプが長い(4mm)ので手元が見やすく、とても書きやすいです。

注意点としては、軸が細いので手の大きい方にはあまり向かないかもしれません。

また、ペン先が長いためか紙に引っかかる感じがしました。

硬めのBや2Bの芯を使うと解決できるかもしれません。

スマッシュ2_600.jpg

(芯硬度表示窓が付いているので、どの硬さの芯を使っているか一目で分かるよう表示できます。)

あと、意外なことに芯が折れにくいです。

ペン先のパイプが衝撃を吸収しているのか、割と強い筆圧でも芯が折れませんでした。

〇このシャーペンを使って欲しい人

手の小さい人、一日でたくさん文字を書く人、勉強や試験に取り組んでいる人、学生の皆さん。


ー 2.ゼブラ デルガード

ゼブラ_青_650.jpg

ゼブラ デルガード タイプLx 0.3 P−MAS86−BL ブルー シャープペンシル  1,100円(税込)
>>商品・在庫はこちら<<

ゼブラが開発した、芯が折れないことに重点を置いたシャープペンシル

全長14.6cm/重さ21g/軸の太さ1.1cm(スタッフによる計測)

グリップ感★★★★☆/書き味の滑らかさ★★★★☆/長時間の使用感★★★☆☆

ー このペンのおすすめPoint!

✅筆圧が強くても芯が折れない!

✅金属製のボディーで頑丈

芯が折れない仕組みは、高い筆圧がかかると芯を覆うように先端が飛び出てガードします。

でも、ホントに折れないの?

絶対に芯を折ってやる!と意地の悪いスタッフは決意して書き殴りました。

力の限り叩きつけるように書き殴りました。

シャープかきあじ.jpg

(これ以外に3ページ分書き殴っています。汚くて見せられないので省略しました。)

折れない!マジで折れない!

むしろ、シャーペンを叩きつけ過ぎて本体が折れそうです!

手が痛くなってきたので、芯を折るのを諦めました。

無理。。。

もちろん、芯だけいっぱい出して殴り書きすると当然折れますので、ご注意を。

ボディーも金属でできているので、誤って軽く踏んでも大丈夫そうです。(保証外になるので、試さないでくださいね。)

耐久性があるので、屋外での作業にも良さそうです。

肝心の書き味ですが、芯に力を加えても問題ないためか、スラスラかけます。

グリップが若干太いので、手の大きめの方に向いていると感じました。

〇このシャーペンを使って欲しい人

筆圧が強い人、屋外で作業している人、ワイルドな人。


ー 3.三菱鉛筆 クルトガ アドバンス

シャープ_青_650.jpg

三菱鉛筆 クルトガアドバンス アップグレードモデル 0.5mm M510301P ネイビー シャープペンシル 1,100円(税込)
>>商品・在庫はこちら<

芯の先端がいつまでも尖っているのでシャープな文字がずっと書ける三菱鉛筆のアイデアシャープペンシル

全長13.7cm/重さ16g/軸の太さ1.1cm(スタッフによる計測)

グリップ感★★★☆☆/書き味の滑らかさ★★★★★/長時間の使用感★★★★☆

ー このペンのおすすめPoint!

✅ずっと一定の太さで文字が書ける。

シャーペンを使って文字を書いていると、だんだん線が太くなってきますよね。

これは芯の特定の面だけがずっと紙と接しているからです。

このクルトガはボディー内部にギアが入っていて、芯をくるくる回転させています。

芯が回転することで均等に紙が当たるので、全ての面が削られるので、いつもシャープな書き味になります。

img_kurutoga_standard03.png

スタッフは割と細かい字を書くので、この機構は助かりました!

いつもシャーペン本体をクルクル回転させて芯を尖らせていたので、時代がやっと追いついて来た感じがしました。

書き味は滑らかです、恐らく芯先を均一に使っていることが影響していると思います。

文字の濃さも一定なので、長い文章を書く際にもおすすめです。

〇このシャーペンを使って欲しい人

一日でたくさん文字を書く人、一定の濃さで文字を書きたい人、細かな字を書く人。

今回ご紹介したシャーペンは8F文具コーナーにてお取り扱いしています。

実際にお手に取ってお試しください♪


2206_tenpouketori-thumb-480xauto-447692.jpg

34ae93f5ad82fa8315e2eac061eadad3d5b58cad-thumb-480xauto-449475.jpg